ペリスケ

えー、ペリカンのスケルトンが語源な通称を持つ万年筆
b0162798_16293720.jpg





正式には、ペリカンM205デモンストレーターという名を持ちます。
ポンプ吸引式の万年筆内部構造が判るようにクリアな素材で作られた躯体。
凝った素材やペン先を使わない代わりに単価価格を下げた「入門版」
実際、このペンから万年筆に入門する人がとのくらいいるかは別として、文具好きには避けては通れない(笑)

個人的に最も優れた筆記具は毛筆だと思ってます。
筆たけクレペンの新しい商品は必ずチェックしますし、コストバリューともに優れたモノという今どきな感覚と、
いわゆるクラッシックな毛筆のキリが青天井であるということも踏まえ・・・
東洋の軟筆に対し、西洋の硬筆というわけではありませんが、この万年筆という道具の進化歴史がまた興味
深くありまして、とりわけカートリッジインクではないタンク吸引式の正統な万年筆の構造には驚くばかり。

機会があれば使ってみてください。
写真機というメカが好きな御仁であれば老若男女問わずツボにはまることを請け合います(´∀`)
by eohiuchinada | 2015-01-31 16:41 | 道具